FEATURE 11 Still in Love with Waffles

VANSとのグローバルな取り組みが始まったのは、2005年のSYNDICATEライン発足後間も無くのことです。
SYNDICATEは、スケートボードカルチャーと密接に結びつくVANSの中でも更にコアなコンセプトを持ち、新旧レジェンドスケートボーダーやサブカルチャーにフィーチャーしたプロダクトを展開するラインでした。

そんなコアカルチャーラインに、唯一WTAPSがアパレルブランドとして参加することになったきっかけは、当時のSYNDICATEの創設メンバーでもあるBERTOという友人。
LAの共通の友人に紹介してもらったベト(・ライヒティ)は自身がスケートボーダーでもあること、育った世代も近いことから、基盤として持つバックボーンや影響を受けてきたカルチャーなど共通点が数多くあり、すぐに打ち解けることができました。
そのベトがSYNDICATEを創設することになり、WTAPSで参加しないかと誘われたときには、倒れるぐらい嬉しかったのを今も覚えています。
初めてのVANSのグローバルということもあって、盛り込みたいアイディア、実現したいディテールは山ほどありました。
自分がスケートボードを始めた頃は、VANSといえばかなりのレア物。
今のように見かけることはないし、誰も知らなければ、履いている人なんて殆どいない。
仮に見つけたとしても高価で子供が気軽に手を出せるものじゃありませんでした。
だから、自分のファーストVANSは、先輩から譲り受けたシューグーだらけのハイトップのお下がり。
あちこちがぼろぼろの状態だったにも関わらず、嬉しくてたまらなかったことを覚えています。
そんなVANSとの歴史がある自分にとって、2005年の初仕事はVANSへの愛情表現そのものでした。
WTAPSというファッションブランドのディレクターでありながらスケートボーダーだったというアイデンティティが背景となり、当時憧れだったVANSとの取り組みが始まったことは、とても名誉なことでもありました。

興奮冷めやらぬテンションで数シーズンを終えたのち、既存のモデルにはないまったくの新型をデザインすることになりました。
それが2008年に発表した3型。
ルードボーイからインスパイアされたRUDEEZ、KUSTOMカルチャーからのGREASERZ、80年代のバスケットシューズからインスピレーションを得たBASHです。
サブカルチャーの影響を色濃く映したそれらは、各テーマとなっている年代からのインスパイアを自分なりの解釈で具現化したもので、VANSにとっても、自分たちにとっても新しいチャレンジだったと思います。
そうやって、過去の記憶から新しいものを作り出したり、新しい試みからルーツを遡ったり、VANSというフィールドが1970年代から様々なユースカルチャーを支え続けているという事実を再確認しました。
自分たちをVANSに対して名乗るなら、何か。
WAFFLE LOVERS CLUB(VANS愛好家)です。
WAFFLEは文字通りワッフル(焼き菓子)に喩えたVANSの特徴的なソールの形状を示していて、そのグリップ性に優れたワッフルソールはVANSの代名詞でもあります。
そんなワッフルソールを愛する団体・VANSのファンクラブの一員、という意味合いでWTAPSが自分たちをそう名付けると、SYNDICATE創立者であり一緒に仕事をしてきたVANSのトム(・クック)、ジェイ(・ポトカー)、ジョン(・ウォーレン)、ライアン(・ポゼボン)がこの呼称に共感して、以降のプロダクトや活動の中でも象徴的な言葉になりました。

2013年、WTAPSはVAULTラインへ移行します。
VAULTは2003年から始まった通常のレギュラーラインよりファッションシーンに適応するラインで、様々なファッションブランドとのコラボレーションや、定番モデルの新しいアレンジ、また、USA MADEを忠実に再現する復刻モデルOGシリーズなどを特徴とした、世界でも取り扱いの絞られた限定ラインです。
SYNDICATEでは、そのコンセプトや世界観に沿い、スケートボードを通して得たこだわりやアイディア、知識を詰め込むことに注力しましたが、VAULTというファッションに特化したラインにおいては、自分たちのバックボーンはそのままに、これまで培ってきた様々なカルチャーからの影響やルーツへの敬意を、WTAPSの個性として作ることができるようになったと言えます。
2001年のVANSとのローカルコラボレーションから始まり、SYNDICATEでの出会いによるグローバルとの本格的なクリエイション、そしてVAULTでの表現の拡充と、少しずつ、しかし大きなステップでWTAPSはVANSとの取り組みを継続してきました。
自分を育てたカルチャーの要素を、一つのプロダクトの中で融合させる。
そういった面白さや意義が、VANSとのコラボレーションにはあるのだと思います。
201BWVND-FWM01S /
OG OLD SKOOL LX / BLACK. WHITE
¥15,000
201BWVND-FWM02S /
OG CLASSIC SLIP-ON LX / BLACK. WHITE
¥13,000
201BWVND-FWM03S /
OG ERA LX / BLACK. WHITE
¥14,000
※WTAPS ONLINE STORE, HOODS EXCLUSIVE
発売日
2020年8月22日(土)

発売店舗
※GIP-STOREは臨時休業中になりますので、当初予定していた販売分はWTAPS ONLINE STOREにて対応させて頂きます。
※店舗によって、販売方法が異なる場合がございますので、詳しくは各店へ直接お問い合わせください。
※SUPREME HARAJUKUは8月23日(日)より発売いたします。