category: モノ語り

Title: モノ語り/第三十九回「英国モノ」

同じような天気が続きますねえ。
気温も去年の今頃に比べると最高で3.3度、最低で4度近い温度差があるようです。
暑いですよねえ。
そうなると冬は逆に寒そう。

夏はスニーカーかサンダル。
冬はブーツ。
僕の足下は大体そんな感じです。

今回はそんなブーツの話です。
今シーズンのWTAPSのコレクションでは、
ドクターマーチンとコラボレーションを行なっています。
アイテムは僕のワードローブでもある定番のレースアップブーツです。

見るところ一見なんの変哲もない8ホールですが、アンドリューとDMジャパンの協力により
かなりマニアックに仕上がりました。
ラストはビンテージモデルの1460モデルを使用し、オックスブラッドとブラックの2色展開。
つま先が反り上がりすぎず、フラットになりすぎないシルエットは
無骨すぎないスマートな印象です。
10ホールには無い履き口のバインディング色はブラウン、
ウェルト部分(ミッドソール)はビンテージブラウン、
ウェルトステッチは通常のイエローシングルステッチをブラックのチェインステッチに、
内装にはベージュのレザーで総裏仕様。
シューレースはオックスブラッドにはブラウンをチョイス。
ドクターマーチンの顔でもあるプルタブはオックスブラッドのみブラウンベースのものに変更。
最後に何よりも、靴の名産地ともいわれるイギリスはノーサンプトンに
60年代からあるドクターマーチンの最初で最古の工場にて制作してもらったことです。
店頭に並ぶのはちょっと先の10月下旬です。
そんなマニアック仕様を是非ご覧下さい。

僕にとっては初の8ホール。
10ホールに比べたら履き易いし
ショーツとの相性も良さそうです。
先日撮影を行なったばかりの9.24発売、COOLのWTAPS特集内に
僕の着用で掲載されています。
そちらも是非。


th_R0020337.jpg


th_R0020334.jpg

th_R0020332.jpg

Title: モノ語り/第三十八回「Chester Jacket」其の二

前回の続きです。


「次回こそ決めてみせる」と思うわけですが、
そんなときに下の写真を見せることで気の変わりやすい若者も納得です。

ブラックスーツでブルースブラザーズのエルウッドとジェイクの
右に出るものはいません。完璧に個性が出ています。
これぞお手本です。

20070118_277265%EF%BC%88%E5%A4%89%E6%8F%9B%E5%BE%8C%EF%BC%89.jpg


と考えてはいけません。
不良的着こなしの
エルウッドとジェイクはあくまでもイメージの中だけにして、
キメるところはビシっといかなければなりません。

キメルところを「ツボ」という言葉に置き換えます。

つまり「ツボ」を踏まえないと「ヤボ」だということです。
「ツボ」を踏まえなければ、
ただのブルースブラザーズのコスプレになってしまいます。
それは目的ではないので「ヤボ」です。

上の写真をもう一度良くご覧下さい。
唯一の「ツボ」が伺えるはずです。
一番の「ツボ」は体のラインに合っているところです。
サイズはもちろん。
スーツに着られるか、スーツを着こなすかの境目が重要です。
どのような体型が似合う、似合わないではありません。
ブルースブラザーズのスーツがクールに見えるのは
正装するそのキャラクターとのギャップはもちろん、
それぞれのサイズだと考えます。

元は注文服として生まれたスーツのようですが、
現代では大概がオーダーではないレディメイドのスーツが通常です。
どんなものでもそうですが、自分のものにしてゆくには
まず最初に自分を知ることが一番の近道です。
スーツに関していえば体型です。
物理的に着用できればあとは調整です。
市販されるどの服がそうであるように、
同じものを着ていても個々の体型によって差が出るのは当然です。
ただ、スーツの場合はラインがはっきりしている事で短所が目立ちやすくなります。

だから単純に目立った短所に手を加えれば良いわけです。
なんてことはない一番重要な「ツボ」はサイズではないかと思うのです。

あえて上げるもうひとつの「ツボ」は
制服のような洋服から個性を引き立すための遊びです。
ラペルの形状や幅が太いか細いか、
Vゾーンは深いか浅いか、
カットアウェイはあるか、ないか、
ベンツはどこにあるか、ないか、
生地の切り替えがあるか、ないか、
内装が粋かどうか?(ポケット数、裏地)
それらの箇所を見てみると、そのスーツの文化的背景が見えてくるのです。

さて
前おきが長くなりましたが、
今期コレクションのスーツ「Chester」です。
細身のシルエットが定番のWTAPSのスーツですが今期はややドレッシー。
ボトムは写っていませんがジャケットに同じく
清涼感ある綿60%麻40%の生地を使用した細身のタイプがセットアップになります。
ジャケットの特徴であるピークドラペルは通常
直線的なラインが緊張感漂い由緒正しいイメージを連想するものですが、
WTAPSでは物腰落ち着いた印象を出すためにあえて
若干緩やかなラインを描いています。
浅すぎず深すぎないシングルブレステッド。
2つボタンはトップのボタンをかけたときにラペルがきれいに反り返るように配置。
袖口は本切切羽で本格使用。

遊びはインスパイアされた英国サブカル的背景を表すように
ポケットフラップはベルベットで切り替え、
チェンジポケットや両サイドに配したベンツ、
広く形どったカットアウェイに
内装にはいくつかのポケットとペンホルダーを装着等々
盛りだくさんで楽しいのですが、
やはり先に書いたようにサイズが命です。
肝心なのは立ち位置のときに美しいラインで僕ら男を引き立ててくれるのが
スーツなのです。


R0019752%EF%BC%88%E5%A4%89%E6%8F%9B%E5%BE%8C%EF%BC%89.jpg

Title: モノ語り/第三十八回「Chester Jacket」其の一

子供のときからずーっと思ってきたことがあります。

「スーツってなんだ?」です。

僕は最近までスーツに対して何の魅力も感じた事はありませんでした。
同じようにそう思われている方も少なくはないと思います。

自らをアピールするに常に魅力的なカジュアルウェアがある今、
スタイル(個性)を出したい若者たちにとって、
一見、無味無臭なスーツは単なる制服のようにしか感じず
興味の対象外です。

だから僕も何が良くて
どこがカッコいいのか?
全くポイントがつかめてなかったわけですが、
それは仕方がありません。

僕らの時代はスーツといえば「どこそこの」
というDCブランド世代です。
ブランドが「これはナウですから大丈夫です」という
安心をスーツとともに売っていたような時代です。
長い歴史を持つスーツ道には「いまさら聞けないオーラ」も漂います。
それらが相まって、何が良くてどこがカッコいいのかは
聞くこともなければ言われることもないのです。
だからスーツをセレクトするからには
「それは後ろ指さされるかもよ」という不安が
常につきまとっていたことも無きにしもあらずでした。


カジュアルウェアの世界ではそれはありません。
別にいいわけです。
どんな着崩れていようがそれはひとつのスタイル(個性)であって、
自分のなかのトレンドとしてあるわけですから不安は一切ありません。
「これが私のやり方です」です。

ただ、
固く伝統に守られてきた王道のファッションである
スーツはそうはいきません。
許されません。
セオリーを知った人たちからダメ出しを食らいます。

しかし次世代を担うヤングに対し、
何が良いか、どこがクールかを伝えてあげることができなければ、
世界最高峰の生地を使った名だたる最高級ブランド品であっても、
カジュアルを苦手とするスーツ一辺倒のおっさんが
どれだけのウンチクたれたところで若者からの支持は得ることをできず、
結局ジェネレーションによる決別です。

そんなことですから僕自身、未だにどこが良いかを聞けていませんし
なにをクールとしているかのポイントがさっぱり分かりません。
しかし、
必ずや必要に迫られて着なければならない時がやって来ます。
そんなときには普段のスタイル通りにアピールするわけにはいきません。
さすがのヤングも怖じ気づき、結局無難なリクルートスーツで決めてみるものの
その他大勢に馴染んでしまい、日頃からアピールをしてこれたことを思えば
納得が行かないでしょう。

けれどその悔しさは初めて興味の対象に近づくきっかけです。

そして「次はキメてみせる」です。

次回こそはのリベンジです。

其の二につづく。

Title: モノ語り/第三十七回「多目的」

用途に応じた専用的アイテムは個人的に大好きで
良く出来てるなぁと感心します。
所有していることと使用できるということが
一種の特権的な気持ちに浸れるのも楽しいです。
工具類は特にそうで
最初から一つの目的に応じた作りをしているので
役目はそれだけという潔さも十分かっこいいです。
どうにかしてその「潔さ」を洋服作りに取り込めないかと
毎シーズン四苦八苦していたりします。

洋服においてその手の「用途別」を作ってしまうと
なんだかエゴイズムが強すぎるし
かといって
「多目的」を意識しすぎても
安っぽい便利グッズのようだし。
洋服作りにおいてはムダになってしまうのかなぁと
いろいろ考えます。

けどやっぱり
ストイックな用途に応じたものを作りたいなと思い
我慢できずに作ったりもしています。
もともと「日常の街着」を前提とした服作りが専門なので
プロ・ユースとまでは行きませんが
ありったけのノウハウは注ぎ込みます。
なかでも気に入っているものは
「A-Frame」というナイロンでできた四角い形状の
シーツのようなものの真ん中に空いた穴に頭を通すと
すっぽりと被れるといった具合のポンチョです。
この年代のものは両脇をプラスチックのスナップボタンで
留めるタイプの物ですが
それ以前のものはプラスチックではなく
金属のスナップボタンとアイレットのコンビでした。
アイレットはその穴を利用して
軍払い下げのキルティングマットを装備すれば寝袋にもなり
ポールとパラコードを使えば簡易シェルターにもなります。
ただ街着ではそのような用途はほとんど必要ないので
アイレットは取り外しピクニックシートでも使えるよう
冷たくかさばる金属のスナップボタンから
小さいプラスチックのスナップボタンに変更しておき
用途によっては自分でアイレットを空けるという
マイナーチェンジを行った訳です。

追求し出来上がったモノでも完璧はありえないと思っています。
時と場合によってある程度の降り幅があるデザインが
最後に残るモノだろうと思っています。
やりすぎず、やらなさすぎずが
先に書いた「潔さ」なのかもしれません。

ちなみにシェルターを作ったときの
そのカタチが丁度アルファベットの
「A」に見えることから
「A-Frame」と呼ばれる由来です。

最後に余談ですが
僕は以前Jeepのラングラーをフルオープンで乗っていたとき、
雨が降ったらビキニトップの代わりにポンチョを使っていました。


R0017183.JPG

R0017187.JPG

R0017192.JPG

Title: モノ語り/第三十六回「支給品」

新たな年の始まりに
スタッフのみに支給された
新しいノートパッドです。


PP_1.jpg


ノート作りとファイル作りは
僕らの仕事の基本中の基本であることから
用途に合わせてそれぞれが様々な形状の物を使い
更にそれらを「道具」として使用しています。


PP_4.jpg


今回支給された通称"PRESS PAD"は
140 × 90 の小型サイズで
WTAPSのワーク系シャツの
胸ポケットに収まる記者使用で
リーガルパッドでおなじみの黄色い紙に
1本の赤い縦罫が特徴です。


PP_2.jpg


それは、横罫に項目を書き出す際、
インデックスを付けるのに役立ちます。
表紙にはデニム等で使用する
リベットが「紋」として打ち込まれ、
表3ページには名刺はもちろん
「切り抜き」や「はぎれ」、「落ち葉」等の
ソースを収納できるポケットが設けられています。


PP_3.jpg


僕は他に同寸の背表紙なしのブルーのMOLE SKINと
大型A4サイズのリーガルパッドを使っていて、
TO DOや覚え書きスクラップ等には
持ち運べる小型サイズのもの、
ミーティング時のパネリング代わりには
A4サイズのものを使い分けています。

Category
Calender
loading ...
Recent Posts
Archives
Instagram
More Pics