October 2017

Title: All Things WTAPS./第三百四十九回「所信」

思い込みと確信の決定的な違いってなんだろう、と日々考えます。
自分はこう思う、という意見の裏付けが利己的ではないか、自我に囚われていないか。俯瞰で見ることは難しいまでも一歩止まって自問してみるようにしています。
イマジネーションの働く余地が大きければ大きいほど、そこに生じる齟齬の可能性も増える。それでも伝えていきたいことがブランドにあるから、伝えていきたいことのあるブランドだから、よりいっそう丁寧に取り組んでいかないとな、と思います。


th_349_1.jpg


ShiorI Etsugu / PR

Title: All Things WTAPS./第三百四十八回「パズル」

36回目のシーズンの展示会が先日終了しました。
たくさんのものや情報や視点が紐付いて一つの大きな構図になる、というのはやっていくうちに可視化されて徐々に気づくのだな、と準備から築いたそれぞれの動作の集大成を目の当たりにして感じました。
毎年決まった行事はあれど、それが終わったらまた次の計画、次の予定。それらをスムーズにやり遂げるためには自分の仕事のどんな小さなこともすべて、精度を上げていくしかありません。
いまだに言ってしまってから、やってしまってからの反省も多々ありますが、そうやって『情けない』と思う気持ちがこの失敗を忘れさせないだろう、と前向きに考えるようにしています。


th_348_1.jpg


Shiori Etsugu / PR

Category
Calender
loading ...
Recent Posts
Archives
Instagram
More Pics