October 2016

Title: All Things WTAPS./第三百十二回「雲の形をまじまじと見る」

人と会うたび天気の話をして、寒くなりましたね、今日は晴れましたね、なんて言っていることにふと気づき、もう今年も残すところ2ヶ月ちょっとなのだなあと実感するに至りました。
この一年の自分の軌跡を振り返らずとも、足りないことやなされていないことが多くあるのは日々自覚するところ。それを改善するのにどこから足りないか考える前に目先の補修に取り掛かって...
そんなことを繰り返していてはいけない、まずは意識の根幹から覆すような自省をしてのち取り組もう、というようなことを考えさせる空の色は、秋ならではかもしれません。


th_312_1.jpg


Shiori Etsugu / PR

Title: All Things WTAPS./第三百十一回「ネイサンズで寄り道しながら」

目先のことにとらわれて、形骸ばかりをフォーカスしている、と薄々感づいているのにうまく思考の方向転換ができないときってあります。何もうまく行く気がしない。それなりに経験値があるくせに未だ同じような失敗を繰り返したりして。
突破口が見出せる、なんていう格好いいことは口が裂けても言えませんが、ある時ふと膠着していた自己嫌悪が解けることがあります。今まで特に意識しなかった風景が、懐かしく思えるときなどまさにそうかもしれません。
そこから万事うまく運ぶ、ことは勿論ないけれど、自分の分岐点で嬉しかったことや感動したことや忘れられない言葉がいっぺんに浮かんで、少し気持ちが楽になる。
決まった駅で降りて、ネイサンズでホットドッグを買い、食べながらフィロソフィーストアに行ったあの日々のことを、思い出しました。


th_311_1.jpg


Shiori Etsugu / PR

Title: All Things WTAPS./第三百十回「すべてリンクする」

次のシーズンの展示会真っ最中の一週間です。
初日を迎えるまでは作業に追われ、準備に追われ、全員がそれなりに大小の違いはあれど忙しなく動くことも毎度のことです。
それでも続けるうちに、優先順位の見極めの方向性が一つになってきています。
それぞれの部署ごとに取り組む作業が最後までバラバラに進行されるのではなく、すべてが同じゴールにひもづく共同作業なのだということを念頭に置いて自分のできることを遂行してゆく、という感じでしょうか。
誰かの仕事を、自分とは完全に無関係と切り離すことはできないんだなあと、何年も継続してきた今も尚、思うのです。


th_310_1.jpg


Shiori Etsugu / PR

Category
Calender
loading ...
Recent Posts
Archives
Instagram
More Pics