Title: All Things WTAPS./第二百三十九回「稠密する記憶」

展示会のたびになんとなく思い返すのはこれまでの自分の軌跡でしょうか。
これといった精緻な思い出というわけではなく、会場を見渡して、顔なじみの方とご挨拶して、慣れた動作の中で芒洋と巡っている記憶の継ぎ接ぎのようなものです。
ところが今回は少し赴きが違って、ある一定の時期のことを恣意に振り返るような手繰り方で。十年以上前の展示会のDMに描かれていたデザイン、街で見かけたデザイナーが何を身に着けていたか当時じっくり観察したこと、夭折した大好きな先輩との出会い、などなど、脈絡も無く断片的に、散り散りと懐かしい記憶が溢出するのはきっと、自分の感受性が豊かだったときの時代の風景が今回のアイテムから喚起されるからなのかも知れません。


th_239_1.jpg

th_239_2.jpg

th_239_3.jpg

Shiori Etsugu / PR

Category
Calender
loading ...
Recent Posts
Archives
Instagram
More Pics