May 2014

Title: All Thing WTAPS/第百九十四回「ミーティング」

話す、読む、聞く。
言葉を持って生活しているのに、相手に理解してもらおうという意思のもとで語り始めると、途端に緊張感が倍増します。
それは勿論、仕事という場面において当たり前のことなんですが。


この説明で意図を汲み取ってもらえるだろうか。この口調の速さで負担なく聞いてもらえるだろうか。
起承転結は?自分の役割に没頭するあまり独白になっていないか?一拍置くべきタイミングは?
恣意的な普段の会話は固より、自分の意見を主張したいときこそ受ける側になって一番聞き易い情況を形作らなければならないのに、随分勝手に始めて勝手に終えてしまう余裕のなさが、未だにあります。
自分で気づいたり同席者に指摘してもらったりして省みることで、少しずつましになっていればいいなと、毎回思うんですけれど。


th_194_1.jpg

th_194_2.jpg

th_194_3.jpg

th_194_4.jpg

Shiori Etsugu / PR

Title: All Things WTAPS./第百九十三回「相性が重要」

三枚パック!
複数が一つのパッケージにぎゅっと詰まっているこの楽しさ。
一度下ろすと三日は新品を着用出来る!っていう物凄く微かな楽しみがあるのは私だけでしょうか?
定番品となっているものは、買い替えの不安がないということもまた魅力。
の筈なんですが、どうしても買い置きをしてしまうのは、多分、生活消耗品に近い認識を持ってしまっているからかもしれません。


そして、定番の良さというのは、コーディネートを考えるときにレイヤードから見える分量を肌感覚で目算つけられる、その安定感にもあります。
多少のよれや縮みも想定内。変化に合わせて使い方を変えてゆくお互いの柔軟性も重要です。


th_193_1.jpg

th_193_2.jpg

th_193_3.jpg

th_193_4.jpg


Shiori Etsugu / PR

Title: All Things WTAPS./第百九十二回「気持ち良い形」

展示会が終わると、次はカタログ制作に取り掛かります。
WTAPSでは2007年秋冬よりカタログを発行していて、今年で14冊目になります。
スタート当初に比べるとページ数も版形も随分変わりました。


こういったブランドからのダイレクトな発信ツールというのは、きっと試行錯誤の繰り返しなんだろう、と馴染み深いメンバーでまた集まったときに感じます。
気持ちの良いかたちを目指して、一冊のカタログを作る。
そのためのレイアウト、アイテムの見せ方、ページのボリューム、紙の質感。
全てにおいてこれに関わる方々の尽力が落とし込まれているのがカタログだと思います。


th_192_1.jpg

th_192_2.jpg

th_192_3.jpg

th_192_4.jpg


Shiori Etsugu / PR

Title: All Things WTAPS./第百九十一回「好きになった、永く共に」

身に着けたり、自分の生活に取り入れるアイテムの中で、気に入ったものに出会うと、付き合い方が決まります。
オケイジョンを選んで登場するもの、特別扱い無くどんどん使用するもの、逆に群を抜いて選択されるもの。使うのが勿体無い、使わないのが勿体無い、洗わないで使うべき、洗って変化を楽しむべき、等々、同じたったひとつの愛着という心情が、考えれば考えるほどアンビバレンツな機微を生みます。

永く使える=まっさらの状態をキープ、というわけではなく、頻度によって遅かれ早かれはあるだろうけれど、なるべくずっと使い続けられる、自分とともに年月を重ねられる、その意味での丈夫さ、を備えていて欲しいなと、思います。


th_191_1.jpg


th_191_2.jpg


th_191_3.jpg


th_191_4.jpg


Shiori Etsugu / PR

Title: All Things WTAPS./第百九十回「うつろい」

インスタグラムを始めてから、写真を撮ること、機会も数量も、激増しました。

たまに見返したりして、現在との違いを分析してみるんですが、撮ったこちらの機微っていうのが様々に反映されていて、自分にしか分からない面白さがあります。
同時進行で資料的に必要なものも撮り溜めているので、懐かしい光景や、髪型の違いなど、一目で気付く変化ばかりに気を取られてしまいがちなのも事実ですけれど。


どうやったらうまくなるのか、と、そればかり腐心していたときに、あるフォトグラファーさんが私の撮ったポートレイトをご覧になって「(あなたに)心を開いているのかいないのか分からない不思議な写真だねえ」笑って仰ったことがありまして、それ以来、撮った写真をチェックするたび、少しだけ頭に過る大事な言葉です。


th_BLOG_190_1.jpg


th_BLOG_190_3.jpg


th_BLOG_190_2.jpg


th_BLOG_190_5.jpg


Shiori Etsugu / PR

Category
Calender
loading ...
Recent Posts
Archives
Instagram
More Pics