July 2012

Title: All things WTAPS./第百二十三回「John Doe Archive」

先日の予告から遂にスタートした
GIP-STOREオフィシャルBLOG「Front Line」での新連載、
John Doe Archive」。

巷に潜伏中のゲリラたちが登場するこの企画は
性別、年齢、国籍、立場、地位など一切関係なく
誰もが参加することの出来るWTAPS、FPARらしい
企画であるように感じます。
さらにWTAPSやFPARを着用する際の
ヘアースタイルやバッグ、合わせているブランドなど
普段自分たちがあまり目にする機会がないところを
目に出来るという点においても大変興味深いです。

今後どういったゲリラたちが登場し
どのような展開がされてゆくのか楽しみです。


20120731_blog.jpg


Yukiyoshi Shimada / Production

Title: All things WTAPS./第百二十二回「まずは基本から」

言葉ってのは
発した瞬間から拠り所を持たなくなって
存外頼りないもんです。
ですので、口から零れたあとというのは
どこまで伝わっているかの相互確認が
軌道修正と出るのか、期待以上と出るのかが焦点になるのでしょう。
意見の相違だとか、考え方の不一致だとかっていうのは
意思疎通が果たされてやっと生まれてくるものであって
噛み合わない会話の上には決して成り立たないものだと思っています。
そうかと思うと
多くを説明せずとも、一番芯の部分を的確に捉えてくれる人もいて
結局そういうのは
深く知っているとか、長くつきあっているとかだけでなく
根っこの部分で感が合うとか、だったりするのかなあ、と
拙い語彙しか持たない自分こそを
全部後ろに置き捨てて、偉そうに顧みたりなど。


th_20120723.jpg


Shiori Etsugu / PR

Title: All things WTAPS./第百二十一回「帯びる」

WOLF`S HEADのベルトコレクションです。
通称「帯」と呼んでいます。
WTAPSの別注として誂えてもらったり個人的であったり
図柄やメッセージをあしらったものがほとんどです。
作り手のハートが宿るものを一日の始まりに身につける。
今となっては決してはずすことのない僕の日課です。


th_R0024339.jpg


Tetsu Nishiyama / Director

Title: All things WTAPS./第百二十回「ポロシャツ」

夏の定番アイテムの一つでもあるポロシャツ。
名前の由来はポロ競技をする時に着用していた事から付いた名前ですが、
本来はフランスでテニス用シャツとして考案され、一般化したアイテムです。
そのため別名テニスシャツとも呼ばれています。
形状は必ず被り式で、シャツ衿が付いているのが特徴です。
ポロ競技が由来ということもあって、上流階級の人達が好んだ伝統的な
アイテムですが1960年代にイギリスのモッズカルチャーと融合して
現在のファッションアイテムとしての地位を確立するに至りました。
「さらば青春の光」の映画の中で登場する
フレッドペリーのポロシャツが印象的です。
 
WTAPSでは前開きの釦の数、衿のラインデザイン、
左胸の刺繍等に独自のデザイン、
サイジングとカラーバリエーションを加えて展開しています。
シンプルでありながらも実用性と汎用性に富んだ仕上がりになっています。
 
是非この夏の1着を探してみてはいかかでしょうか?


blog_20120720.jpg


Yasunari Iwasaki / Pattern Maker

Title: All things WTAPS./第百十九回「青い空、白い雲」

梅雨が明けたみたいです。
青い空、白い雲。
思わず見上げてシャッターを切ります。
なかなか日差しがありがたいと思えない時期ですが、
やはり雨が降ったり曇ったりよりは気分がいい。
この季節にしかできないことをしっかりと、
毎年梅雨明けのこの時期にそう思ってる気がします。
終わってしまえば短い季節ですから
二の足を踏んでいてはトロ過ぎます。
暑さに呑み込まれない軽快さで
この季節を乗り越えるのではなく
しっかり乗りこなしてやろうと、
そんな意気込みなんです。


blog20120717nao.jpg


Naoyuki Inoue / Production

Category
Calender
loading ...
Recent Posts
Archives
Instagram
More Pics