August 2011

Title: All things WTAPS./第六十五回「シーズンの始まり」

WTAPSの2011秋冬シーズンの立ち上がりは9月10日ですが
カタログの配布も始まり
いくつかの雑誌では既に掲載を頂いています。
雑誌での露出というのは
当該シーズンのテーマや雰囲気を
如何に的確にお伝え出来るかというところで
撮影スタッフの皆さんのアイディアを頂きながら
試行錯誤を繰り返しつつ、毎回取り組んでいるものです。

今シーズンは、とてもオーセンティックであると同時に
実際着用してみて判る絶妙なシルエットが
顕著に表現されたシーズンであると思っています。
なので「是非着てみたい」と
思って貰えるに違いないアイテム達を
「是非着てみたい」と思って頂ける画に
一つ一つ丁寧に拵えていくこと
そしてそれに最大限努力することが
自分の仕事の一つだと思っています。


th_R0022780.jpg


Shiori Etsugu / PR

Title: All things WTAPS./第六十四回「DIY」

ジョージルーカスが映画製作のすべてを
一カ所で行なえるような環境を整えるべく
スカイウォーカーランチを創設した話は有名です。
僕らはその足下にも及びませんが
志は近しきものと思っています。
全てのプロセスを自分たちの手で行ない
トライアンドエラーを繰り返すことで
より良い効率での作業を自らで体現し学ぶことは
成長であり喜びでもあります。
そしてその後に付いてくるものは
自信であり、
新たなる挑戦を行なうモチベーションとなるはずです。


th_R0022763.jpg


Tetsu Nishiyama / Director

Title: All things WTAPS./第六十三回「打ち具」

洋服を作り上げていく上で沢山の工具がありますが、
その中の一つに「ハンドプレス機」があります。
布にドットやハトメ、リベット等を打つのに使用します。
アトリエに有る物はハンドですので量産には向きませんが、
主にサンプルや修理品等の対応に用います。
留具に合わせたコマ(打ち先につけるアタッチメント)
を用意する必要がありますが、1台あると非常に役に立つ
趣ある機械であると共に、一つ一つ手作業で打つ事によって
アイテムに対する愛着も一段と強くなります。


th_%E7%94%BB%E5%83%8F%20109.jpg


Yasunari Iwasaki / Pattern Maker

Title: All things WTAPS./第六十二回「カタログ」

新しいシーズンのスタートまでひと月をきると
そろそろカタログの登場です。
おかげさまでこのシリーズも今回で九冊目。
できるだけ多くの方に届くよう現在準備中です。

カタログが上がってくると
すぐにみんなで目を通すのですが、
それぞれの役割に沿って気になる箇所も微妙に違ったりして、
完成を喜びつつも、どこかに間違いがないかと
少し落ちつかなかったりもします。

なんだかんだでひと通り見終わると
締めのお楽しみが待っています。
昨シーズンまでのカタログの束に新しい一冊をスッと加える、
これがけっこう好きなんです。


th_R0022746.jpg


Naoyuki Inoue / Production

Title: All things WTAPS./第六十一回「するのは失敗 何もしないのは大失敗」

会社という組織にはいくつかの部署があり
おのおのが自分たちの役割を果たすことにより
機能し成り立ちます。
ただし、モノを製造し販売するという
共通の目標をもって仕事をしている以上
おのおのとは言いつつも仕事には前と後があり
一本の線で繋がっています。
ですので様々な場面において自分の置かれている立場は
前にも後にもまたは中間になることもあります。
前に立ったときには後を考え、後に回ったときには前を考え
中間に位置するときには前後のバランスを考えて
物事を決めたり判断するということを
WTAPSのチームの一員になったとき学んだことの一つです。


th_R0022735.jpg


Yukiyoshi Shimada / Production

Category
Calender
loading ...
Recent Posts
Archives
Instagram
More Pics