November 2008

Title: モノ語り/第二十九回「由来」

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
WTAPSのアイテムのほとんどには名前を付けています。
今年もGORE-TEX®を使用した3レイヤー構造のもので
「ほぼ定番」として毎シーズン制作している「Sherpa」も
そのうちの一つです。
「Sherpa」の名前の由来は、
「ヒマラヤ登山隊の案内人」からくる「Sherpa」と
「昆虫のさやばね, さなぎの外皮」のことをさす「Shell」を
組み合わせたものなのです。


R0016554.JPG

Title: うれし はずかし

昨日まで次期シーズンの展示会を行っていました。
取引先の方々や友人知人が多く訪れるこの時期、
それだけの方々の着こなしを目にできる
うれしい時期でもあるのです。
色々なブランドのワードローブを持つ方々にも関わらず
WTAPSの昔のアイテムを格好よく着こなされてる方々を見ると、
うれしくもあり
ありがたくも思えるものです。

実際、取引先の方で前期の秋冬物の
ウールパンツをキレイに履きこなされてる方がいらっしゃったので
手が空いたときにお声を掛けたかったのですが、
残念ながら気づいたときには
もう帰られてしまったようでした、、、


R0016550.JPG

Title: モノ語り/第二十八回「えりはくちほどにものをいう」

トラッドなシャツはシルエットが命とはよく言われることです。
しかしチェック柄のシャツ、
つまりワーク系のシャツにおいてはあまり言われることではなく、
基本的に大きめの設定寸がふつうですが
WTAPSのワーク系のシャツはトラッドのシャツのように
シルエットにこだわって作り込んでいます。
特にシャツの顔である「襟」はシャツ全体の表情さえ作り出します。
さらに言うとただの「襟」で着てる人の印象が変わるほど
「襟」は大切です。


R0016545.JPG

Title: Breakfast Club

ちょっと休憩。

先日の出張帰りで始めてラウンジを使ったのです。
いや、厳密にいうと
出発前にラウンジを使うことはあったのですが
到着後に使ったのが始めてということです。

というのは
移動日に必ず送らなければならないデータがあり
それを送るために始めて到着後ラウンジを使ったという訳です。
ふつうは出発までの空き時間の利用として多く使用されると思うのですが、
空き時間を使う訳ではない、
ある意味出発時間にせかされることのない利用は
出発前の利用とは又違った使い方ができるなと、
結構気に入ってしまったわけです。

データを送り終わっても
居心地が良すぎてしばらく休憩し続けていたことは
いうまでもないことです。


R0016518.JPG

Title: モノ語り/第二十七回「もう少し身軽に」

秋。冬前の今の時期。
これから始まる寒い冬の前は
もうすこしだけ身軽な装いをしていたいものです。
T-Shirtの上に直接着たりして
レイヤードによって表情が作れるダウンベストは
今頃とても便利で重宝します。
ヨットパーカや長袖のシャツ、
厚手のニットやブルゾンを下に着たりと使い方はいろいろです。
今期のダウンベストの「Brokeback」は
レザーとウールを使った重厚な仕様であることが
使い込んで馴染みだした頃が楽しみなところです。


R0016515.JPG

Category
Calender
loading ...
Recent Posts
Archives
Instagram
More Pics