May 2008

Title: ちょっと休憩。

さてさて

今回は「モノ語り」シリーズを休憩して
WTAPSの近況でも報告しましょう。

来月には日本でEX17、2008年秋冬物の展示会と
サンフランシスコで
VANS Syndicateとの共同開発モデルの発表展示会
という二本立ての展示会が控えています。

アトリエではその二本立ての展示会のために
やることのリストが山積みです。
ハンパじゃありませんが
クルー総出やっています。

佳境というこの時期が
ぼくらにとって一番
「のってくる」時期なので
最終的な「武装」は今なのです。


後日、更なる近況をお伝えします。


R0015314.JPG

Title: モノ語り/第十回「さっそうと」

めずらしい時計に疑ったり
いい帽子を被ったり
伊達眼鏡をかけたり
粋にストールを巻いてみたり。
いまでこそ僕たちの「ふつう」ですが

そういったアクセサリーや
贅沢品のようなものは
大人だけのもので子供には縁のないものでした。

子供の頃そういうものを嗜んでる大人を見ては
なんだか「いいなぁ」と思っていたのを覚えています。

毎日を楽しんでそうで
生活感が見えなくて
モノを大事に扱って
格好いい身だしなみで
個性があって
さっそうとしながらも
余裕があって
物知りで。

音楽とかはなにを聴くんだろう?
どんなもの食べるんだろう?
何時頃寝るんだろう?
外国語はしゃべれるのかな?って

大人の身だしなみをみただけで
そんなことまで考えたりして。

いまでこそふつうなこと
ふと考えてみると
子供だった頃不思議に思ってた事ばかりです。



Title: モノ語り/第九回「くるまれ、つつまれ」

皆さん
英語でMummyとは「ミイラ」のことをさすのは
ご存知ですか?
さらに
キャンプ用語で言うと
Mummyとは寝具の「寝袋」のことをさします。
ということは
くるまれるとか
つつまれるとか
そんな感じです。

今回はパーカー類、スウェット類の話し。

先日の海外出張での移動中
飛行機の中や車の中では
ヨットパーカーのフードを被り
外界とのアクセスを出来るだけ遮断しては
常に
「ミイラのように固まって」
「寝袋に包まるように」寝ていました。
それがなかなか気持ちよく
更に愛着がわいて
寝る時も一緒です。

特に今の季節
スウェット類は
雨が降ったり
夜は肌寒かったりと
着たり脱いだり
しわにもならず
気軽に羽織れる
シンプルで最高のデザインの
洋服です。




Title: モノ語り/第八回「足さず、減らさず、そのままで」

変わらないモノは変える必要のないモノ。
誰もが知っている定番なモノの良さは
実のところは
ふつうなところ
足さず、減らさず
そののままで。



普遍的なかたち。
誰がみてもシャツにみえるシャツのかたち
どっからみてもシャツにみえるシャツのかたち



ワーク系のシャツの特徴は
運針の広さが主ですが
WTAPSではあえて運針を狭く設定します。
そうすることで
細かく針を落とす事ができ
薄い生地に細かいシワを出させる働きを促し
軍モノに多く見られるパッカリングのように
立体的に浮かびあがった風合いを
より今風に作り出せるからです。

Title: モノ語り/第七回「暗やみをくぐりぬけて」

「洗いざらしの匂いと質感を感じながら
暗やみをくぐりぬけたその先は
これから始まる新たな日」

プルオーバーのシャツを着るときは
そんな表現でしょうか。
布帛のものにはない
着るときの気持ち良さ、
カットソーならではのテンションの効いた質感は
一日の最初に着るよろこびがあります。
洗いざらしの乾いた生地が着るたびに
清潔感と新しさを与えてくれるでしょう。

肌に一番近いカットソーは
着ているときの気持ち良さがいのちです。



Category
Calender
loading ...
Recent Posts
Archives
Instagram
More Pics